多重債務やブラックでも借りられる?

たくさんの借金を抱えてしまって債務整理か自己破産を考えているときに、
「審査が甘いのでブラックでも借りられます」というようなサイトにたどり着くことはありませんか?

「無職でも融資可能」というようなサイトは多く見られますが、どんなサイトなのでしょうか。
私が実験的にそのサイトを見ていたところ、ひとつは、何度かクリックしていくうちに、
「クレジットカードのショッピング枠を現金化」というサイトに誘導されました。

以下参照
http://xn--nbkcc7kpa5b5e1m8eq834adk1au67f.jp/

つまり、お金を貸してくれるサイトではなく、自分のクレジットカードのショッピング枠で何か大きな買い物をし、
それを業者に買い取ってもらう方法です。

本来なら、ショッピング枠でお金がもらえることはないのですが、
業者は手数料を取って利益を上げられるメリットがあるので宣伝しています。

例えば、その業者に依頼すると、新幹線の回数券を購入してきてください等と言われます。
言われた通りにクレジットカードで購入してくると、78%程度の価格で業者が買ってくれるという仕組みです。

一見、いますぐにお金が必要ならメリットがあるようにも感じますが、冷静に考えましょう。
金券ショップに持ち込めば、90%程度の価格で買い取ってもらえるので、全く意味がないんです。

まぁ、ショッピング枠をお金に変える方法をお金を出して教えてもらったという言い方が近いでしょうか。

ちなみに、金券ショップに持ち込んだとしても、意図的にショッピング枠を現金に変えたことがバレれば間違いなくカードは利用停止になるそうです。逮捕されることは無いとは思いますが、かなりブラックに近いグレーなのでやめておきましょう。

 

 


 


[PR]

# by tdp5j1oi | 2014-03-30 18:23 | ローンについて  

住宅ローンの秘密って!?

住宅ローンとは、文字通り、住宅を建てるために借りるローンのことです。
銀行や住宅金融公庫に行けば、色々なパンフレットもあるでしょうから、一度見てみることもオススメします。

金利も長期据え置き型もあり、借りる側の査定等もありますから、
ご自身の年収や生涯収入賃金予定を計算されるのもいいのかもしれませんよ。

住宅ローン以外にも各種ローンは多数あります。
プライベートローンなどがその典型なのですが、これらのローンは金利が高いのが一般的です。
比較的軽く借りられる資金は、返すときの利息も高いのでしょうね。

しかし、一番単純かもしれませんが、大事なことは、借りなければ借りない方が全然いいということなのです。
特にサラリーマンの方は毎月収入が決まっていますから、将来への不安は少なくなるでしょうが、
自営業や個人事業主ですと、将来も見えない分、儲かる時は儲かることもたまにはあります。
その元手を元本にして、仮に住宅を建てるのであればそれでローンなど組む必要自体ないのです。

ただし、住宅といっても最低でも3500万円からの資金を考えなくてはいい家は建てられないでしょう。
すると、そのためには自分は頑張らなくてはいけないとつい思ってしまいがちなのですが、
しかし、そもそもそんなに頑張る必要もあるのでしょうか?

お金さえ稼いでしまえば勝ちなワケですから、あとはやり方と工夫次第でいかようにかはなるのではないですか?
そのためには、そのためには、と考えて、行動して、また、考える。
思案の連続ですが、その繰り返しとはいえます。でもまぁ深いことはあまり考えずに…。。
[PR]

# by tdp5j1oi | 2013-10-24 13:34 | ローンについて  

銀行という商売の仕方

キャッシング・ローンは、一見、非常に便利なように見えるものです。
事実、ローン担当の窓口に行き、「お金を貸してください」と伝え、簡単な審査をクリアすれば、何時間か後にはお金が指定口座に振り込まれています。

最近の銀行カードローンでは専業主婦の方でも収入証明書不要でお金を借りれるそうです。
本当かいな?って話ですが、本当らしいです。

以下参照
主婦でも借りれるカードローン[主婦がお金を借りたいなら]

これらのローンは金利は多少高くても資金の融通の高さからか街頭でも様々な形で宣伝告知されているようです。
それらの広告は非常に私たちの感性に訴えるものが多く、見やすくわかりやすい内容になっていることがあります。

これらは銀行側からみれば、おいしい商売の一種なのですが、銀行側にとっても借りてもらうということも簡単なことではないのかもしれませんね。

一般的には銀行というと、イメージするのが、お金を預けておくところということです。
しかし、預ければ、いずれ下ろすときもきます。

銀行は、少しばかりの毎日入れ替わり立ち代り入ってくる預金と貯金の分で生活をしていくということには一応前提上はなってはいるのです。

ですので、銀行というのは、日本銀行を設立した渋沢栄一翁ではありませんが、
箱=「ハコ」があればできてしまうものなのです。

あとは、そこに融通を利かせて金を運ぶだけの仕事なのです。そして利子を稼ぐのが仕事の1つになってきます。
しかし、日銀がお金を市民に貸してくれることはありません。なぜなら、日銀は銀行の銀行だからです。

銀行がこれだけ市場ニーズがあるので、資金を融資してください、と日銀へ頼みに行けば、
日銀はそこで始めて市中へお金を回すという仕組みになっているのです。
お金の発祥は現代では日銀と一定の説は述べられるようです。なかなか複雑な現在ですね。
[PR]

# by tdp5j1oi | 2013-10-24 13:33 | ローンについて  

もちつもたれつの借金人生

私が大学時代、仲のよかった友人は、よく「もちつもたれつやねんなぁ~」(彼は関西人だった!)と私に教えてくれたものです。現在、33歳になり、当時のことをはっきりとまでは思い出せませんが、彼の語った言葉の重さというか、軽かった分、その反響は私の頭に強く残りました。

その彼は、今四国でテレビのアナウンサー業に携わっています。

お金にかかわる諸問題も同じような感じがしています。
専門家の方のように難しいことなどほとんど分からないのですが、
社会はお金を積まなければお金持ちにはなれません。
お金を残す人というのは、お金を積んで、それから行動や思念を開始するのです。

先ほどの彼は、やはりモテるようで、東京という都でファッションショーのモデルなどもこなすほどのベテランになりました。所帯を持ち、和やかな家庭を築きつつあるとの年賀状をやりとりさせて頂けることに感謝しています。

人なら人らしく生きようではありませんか? かといって、人でなく、生きるのも、それはそれでカッコいい人生かもしれないですね。ましてスタイルがよければ、かつて颯爽と銀幕に表れた小林旭のように、たまに山手線メドレーを歌って陽気に踊って見せたり……。

なにかを大切にすることが大事なのかもしれませんね。
私は会社を転々として東京中を流れに流たことがあります。まるで映画にあった東京流れ者さながらにです。

社会への反抗はできませんでした。かといって、人の流れに逆らうことはできずに、また社会との関係において生きていくものではないでしょうか?
[PR]

# by tdp5j1oi | 2013-10-24 13:29 | ローンについて  

ローンをするということの意味ややるせなさ

何事もお金が絡む世の中です。社会はお金で成り立っており、
いかようにして人類が生まれたかを語っているほど、社会の中というのも緩いものではない現代になってきました。
しかし、人の心は変わらないと提唱する、とある文学者の話を聞いたことがあります。
どんなに時代は変わろうとも人の気持ちは左右できないのだと。その時々の権力や情勢を変容させていくものは感情であり、人間の気持ちであると。

しかし、ちょっと待ってください。

人は人なしでは生きていけないということは当たり前のことです。
どんなに威張っていても、仮にどんなに能力がなかったとしても…。
人は人なしでは生きられないのです。

したがって、ローンをするのも、事情に駆られてどうしようもなくせざるを得なかったというのが本音ではあるのです。その時、その人がそういう風に動いたということは、それ自体としては大したことがないかもしれないが、必ず色々な人へ影響を及ぼしている。
私は、強くこのことを感じているこの頃なのです。少しでもいい。変化を。開放を。そして独創を。

お金の話は尽きることがありません。
上を見たらキリがないとはこのことなのかもしれません。

やさしく人に接したい。人とうまく話をできるようになりたい。たくさんの人と様々な交流をしたい。など、
人間の希望はとても大きなものがあります。

それらをローンがつくりだしてくれるのであれば、それは大した金額でも、地獄でもないのかもしれません。
人は人なしでは生きられないのです。たった1円でも他人から借りたのであれば、
それはきっちり返すという人も珍しいのかもしれません。人情の妙をもう少し考えてみたいと思います。
[PR]

# by tdp5j1oi | 2013-10-24 13:28 | ローンについて